F1を現地観戦する魅力を把握して中国GPに行ってみよう

F1を現地観戦する魅力を把握して中国GPに行ってみよう

カー

現地で観戦する魅力

日本でも数多くのF1ファンがいるでしょう。毎年、F1が開催される時期になるとテレビ観戦に釘付けになると思います。そんなF1ですが、やはりテレビ観戦と現地観戦では迫力が全く違います。現地観戦では実際にF1マシンが目の前で走っているので、味わったことがない熱気を感じることが出来ますよ。また、現地で観戦することによって憧れのF1レーサーを見かけたり、運が良ければサインや握手をもらえたりするでしょう。レース以外にも見どころ満載なイベントが開催されているのも魅力の1つです。このように、一度はF1を現地で観戦してみると良いですよ。

観戦ツアーを利用する

基本的に世界各地で開催されているF1を現地観戦したい場合は、海外に行くことが当たり前となっています。そこで、各旅行会社が提供しているF1観戦ツアーを利用するのが便利ですよ。F1観戦ツアーでは多くのプランを用意しており、人気が高い中国GPのF1にも行くことが出来ます。初めてF1を観戦する場合は、各種チケットや日本語対応スタッフがいるツアーを利用するのがおすすめでしょう。

申し込みの方法

F1観戦ツアーに行きたい場合は、まず旅行の見積もりを取ることからはじめます。ツアーを利用したい旅行会社のホームページから見積もりフォームに移動して見積もりを依頼しましょう。この際に「参加する全員の氏名」と「参加人数」の入力が必須となっています。この情報を送信したあと、旅行会社でツアーの空き状況を確認していきます。空きに問題が無ければ、問題なくツアーを予約することが出来ますよ。また、中国GPなど人気が高いツアーではすぐに募集人数に達する可能性があるので、余裕を持った申し込みが重要です。

観戦で注意したいこと

観戦ツアーを利用してF1を観戦する場合、事前に観戦マナーについても把握しておきたいですよね。ここでは、守っておきたい注意点について紹介していきます。F1を観戦するためには指定席チケットか自由席チケットのどちらかが必要となります。値段が安いことから決められたエリアの席を自由に座ることが出来る自由席チケットが人気でしょう。そのチケットを持っている場合、見やすい席を確保するために走ったり危険行為をしたりするのは良くないです。しっかりとマナーを守って席を確保していきましょう。また、中国GPなどでは多くの人が観戦しに行きます。そのため、混雑を避けるためにも早めの行動をするのがポイントでしょう。

海外に行く際に持っておきたいアイテムBEST3

no.1

wifiルーター

国内旅行とは異なって海外に行く際は、色々なものを事前に準備する必要があります。そこで、持っていきたいアイテムを確認していきましょう。まず第1位はwifiルーターです。海外でもスマホやパソコンを使用することが出来ますが、データ通信が発生してしまいます。海外で使用した通信は基本的に実費となっているので、wifiルーターを持っていき通信費を抑えていきましょう。

no.2

変換プラグ

海外に持っていきたいアイテムの第2位は、変換プラグです。ホテルなどでコンセントを使用することがありますが、実は海外と日本ではコンセントの形状などが違う場合があります。このような問題を解消するためにも変換プラグは必須と言えるでしょう。海外に行く際は様々な形状に対応している変換プラグを持参することです。

no.3

カッパなどの雨具

海外でも急に雨が降ってしまうことがあります。そんなときにすぐに対応出来るように日本からカッパなどの雨具を持っておくと良いでしょう。特にF1観戦などの場合は雨が降った場合、雨具が十分に買うことが出来ない可能性もあります。そんなときのために雨具は予め用意しておくことをおすすめします。

安全を意識すること!

F1観戦などで海外に行く際は、安全に過ごすことを意識するようにしましょう。海外では日本とは異なった文化や治安などを持っているので、危ないことはしないのが前提です。特に危険と思われる場所には立ち寄らないようにしましょう。安全を意識して、楽しい旅にしていくことです。

新着情報

広告募集中